刑事事件発生時による警察での取り調べについて

刑事事件は警察が介入します

一般的に警察は民事不介入となっているため、慰謝料請求などについての事件は管轄外となっていることが多いです。
しかし刑事事件については専門分野となっているため、容疑者や加害者に対して取り調べを行うことで罪を記録していきます。

警察の取り調べについて

基本的に被害者や事件関係者などの証言を集めていって、それを総合的に判断したうえで取り調べを行っていきます。
この情報を元に警察署という場所に呼び出して、容疑者や加害者に対して事実確認を行っていくことが多いです。
通常であればこのような流れで行っていくため、心当たりがある場合にはそれを自白していくことで裁判を行うための手順を進めていきます。

被疑者は黙秘したり弁護士を呼ぶことが出来ます

 警察に刑事事件の容疑者として取り調べを受けた場合においては、弁護士を呼ぶ権利というものがあります。
これは法律で定められている内容であるため、警官に話したくない場合においてはこの権利を使用することが可能です。
同時に黙秘権という権利もあるため、これを利用して弁護士にだけ話をするという方法もあります。
弁護士に依頼をするメリットとして刑を軽くしてもらうことであり、成功すれば懲役数を減らる事も可能です。
また刑事事件を起こしたのが初めてであれば、初犯ということで執行猶予が付くこともあります。
執行猶予が付けば刑務所に入ることがないため、利用することにおいて大きなメリットがあります。

刑事事件に置いて弁護士の役割は大きい

これには弁護士の協力が不可欠なものとなっているため、警察に初犯で逮捕された場合に大きなプラス要素となります。
ただ初犯でも適用されるのは軽い事件のみとなっており、殺人や強盗致死傷罪といった場合には採用されないことがあります。
ちなみに軽い事件とは暴行や傷害となっており、容疑者が十分に反省している時に適用されることがあります。